忍者ブログ
中国からお送りします。 生存確認用、メモ書き程度ですので、人様に読んで頂くなんて恐れ多い・・・
[32]  [31]  [30]  [27]  [25]  [26]  [24]  [20]  [19]  [17]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

烤鱼:烤魚を食べてきました。
烤鱼は、一度炭火で焼いた魚を辛いスープで煮込みながら食べる、重慶の料理です。

まずは生きた魚を選びます。

DSC02666.JPG

ここでは黒魚(ライギョ)か草魚でしたが、この日は草魚のみ。

魚を選ぶとその場で捌いてくれます。
*少しグロいので、苦手な方は画像をクリックしないで下さい。

DSC02672_copy.jpg


DSC02673_copy.jpg


そして、炭火でじっくり焼きあげます。

DSC02658.JPG

DSC02659.JPG

焼いている間は絶えず裏返しながら油と孜然粉(クミンや八角などを混ぜたスパイス)を
塗っていきます。

DSC02663.JPG

DSC02662.JPG

DSC02661.JPG

DSC02660.JPG
これからの季節は暑くて焼くのも大変そう。

15分ぐらいしっかり焼いてから、スープに入れきゅうりやジャガイモ、もやし、セロリなどの
野菜をのせて完成です。

DSC02677.JPG
苦手な香草もてんこ盛り(汗
銀色の器の中にも炭が入っていて、グツグツと温められてます。

皮が焦げて香ばしく焼けています。スパイスをタップリかけて焼いているので川魚の臭みは
ありません。

DSC02684.JPG

この日”微辛”にしたのでそれ程では有りませんが、もともと重慶の料理なので、
”普通”の辛さでも凄く辛くて汗だくになりますのでご注意。

ただ一つ難点は、この日一番小さい魚でも体長40cm、1.4kgという大きさ。
2人で食べに行ったんですが、もうお腹一杯です。
どのお店でもこの位が最小なので、少人数で行くにはちょっと向いていません。
隣の席では同じくらいの大きさを5人で食べてましたから。。。
魚は67元でスープと野菜が10元、合計77元でした。

ちなみにお店はこんな感じ。
DSC02671.JPG

夫婦で切り盛り。でも、旦那さんは指示を出すばかりで殆ど奥さんがやってた気が。

DSC02667.JPG

お店はこぢんまり。
エアコンも有りますが、それ程暑くないので天井扇風機が回転中。
DSC02676.JPG

お世辞にもきれいなお店とは言えません。
でも、どこの国でもちょっと汚いところの方がおいしかったり。(ちょっとじゃないけど)
繁華街のお店で食べたら、きっと2倍くらい取られます。


こんな路地裏に有るので、外国人なんて来ないですけどね。。。

DSC02669.JPG



つぶやいてます→ Twitterボタン     よろしければ→ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
hayate
性別:
非公開
つぶやいてます
-follow me?-

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


Twitter ブログパーツ
連絡はこちらへ~
ブログ内検索
ランキング
よろしければポチッと
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
最新CM
[07/27 コタツ猫]
[07/25 コタツ猫]
[07/23 コタツ猫]
[07/20 コタツ猫]
[07/16 コタツ猫]
最新TB
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者サイトマスター
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.